診療案内

産科編

当院の方針

分娩方法について

外来診察で妊娠経過を観察し、健診のたびに超音波で赤ちゃんの推定体重を計測し経過に異常がないかどうかを診察していきます。ベストアングルでの4D画像をオリジナルDVDに録画します。重大な異常が見つかった場合は兵庫医大や県立西宮病院などの関連病院に紹介させていただくこともあります。

陣痛が始まって入院されますと、院長の診察後、胎児心拍モニターで赤ちゃんの状態を観察しながら、お部屋で助産師が分娩の進行をサポートしていきます。いよいよ子宮口が全開となって分娩室に入られますと、助産師、看護師、院長が立会って分娩を見守ります。ご主人の立会いはもちろん、子供さんの立会いも出来ます。
スムーズな分娩であれば最後まで助産師が分娩介助を行い、吸引分娩等の医療介入が必要になった場合のみ院長が介助に当たります。

このように、異常がない限り院長は助産師を信頼し、サポートしながらゆっくりと母児の安全を最優先にお産を進めていきます。
赤ちゃんと胎盤が娩出された後、院長が診察をして切開部、裂傷部の縫合を行います。もちろん全く裂傷も、切開も無しで分娩される方もいらっしゃいます。

陣痛促進剤の使用について

当院では、前期破水や分娩予定日超過などの医学的な適応がないがきり促進剤の使用は行いません。計画分娩は一切行っておりませんのでご了承ください。
自然陣痛発来に向けて37週以降はパワーウォーキングを勧めています。

会陰切開について

基本的に初産婦さん、経産婦さん共に会陰切開は行いません。
助産師の指示に従って上手に呼吸法といきみをしてもらえば、初産婦さんでも会陰切開せずに分院されております。

帝王切開について

前回帝王切開の場合は今回も帝王切開とさせていただきます。その場合は外来で出産予定日が確認されましたら、手術の予定日も決定させていただきます。逆子の場合や赤ちゃんの頭が大きくて通常の出産が難しいと判断した場合も予定帝王切開となります。また分娩進行中に胎児の心拍に異常を認めた場合や、分娩の進行がストップしてしまった場合は、緊急帝王切開となる事もあります。
当院での帝王切開には院長とその仲間のベテラン産科医が深夜でも応援に駆けつけ常に2名以上の医師が手術に当たります。


体重管理について

妊娠中の体重管理に重点をおき、BMI指数に従って体重のコントロールを医師、助産師が協力して指導を行っていきます。

母乳育児について

もちろん基本的には母乳育児を勧めていますが、お母さんのおっぱいだけで足りない場合は必要に応じてミルクを調乳させていただきます。完全母乳を希望されます方は出産後に看護スタッフにお申し出ください。応援させていただきます。

新生児の聴力検査について

出生児の難聴は約1/350人と言われ、先天異常の中では、発生頻度の高い疾患です。
言語発達の最も重要な時期は生後6ヵ月までであると言われており、この時期までに難聴が発見され、補聴器などを用いて療育が行われると健常児と同様の生活が可能になります。
当院では、既に10年前より自動聴性脳幹反応検査(AABR)を導入し希望者に検査をしています。(保険適応外5,000円)

先天性胆道閉鎖症の早期発見スクリーニング検査
尿中硫酸抱合型胆汁酸(USBA)について

わが国では胆道閉鎖症は1万人に1人の頻度でみられ、全国登録で、毎年約100人の本症患児が生まれていることが分かっています。通常は生後早期に発見し、生後2ヵ月以内に適切な手術と管理がなされれば、その予後はかなり期待できると認識されるようになっていますが、現実には早期発見が効果的には行われていません。これまでの研究から、胆道閉鎖症で尿中硫酸抱合型胆汁酸(以下USBA)が上昇することが認められており、USBA測定は胆道閉鎖症早期発見のためのスクリーニング検査として有効な方法であります。当院では、希望者に検査をおすすめしております。(1,000円)

分娩予約

  • 外来受診時に直接、分娩予約をお取り頂けます。
  • 里帰り等の場合は、まずはお電話で仮予約をお取り頂き、
    1ヶ月以内に一度受診されるか、分娩予約金(3万円)をお支払い下さい。
    (予約金は分娩後にご返金させて頂きます。)

分娩費用 

  • 普通分娩(47万〜50万円)
  • 帝王切開(49万〜52万円)
  • 分娩費用には産科医療補償制度の加入金を含みます。
  • 平成21年10月より希望される方には出産育児一時金直接支払い制度をご利用頂けます。

婦人科編

婦人科検診(子宮ガン・卵巣ガン)

子宮頸ガン、子宮体部ガンの細胞診をはじめ、超音波による卵巣腫瘍の診断を行っています。

更年期相談

閉経前後のホルモンバランスの変化に伴う様々な不快な症状に対してホルモン補充療法(HRT)を中心に漢方、プラセンタ治療を加え対応しています。

プラセンタ治療

ヒト胎盤より抽出したプラセンタエキスを用いた注射・点滴により美肌効果・疲労回復・更年期症状の改善に効果があります。是非体験してみてください。

思春期相談

生理不順、生理痛、外陰部のかゆみ、おりものが多いなど様々な症状に対し、カウンセリングや検査、お薬の処方を行っています。ご結婚前のブライダルチェックとして子宮ガン検診、クラミジア検査、血液検査を行っています。

子宮脱 尿失禁 頻尿

軽度の子宮脱膀胱下垂には漢方薬を中心に生活指導を行っています。子宮脱防止リングの挿入も行っています。尿失禁(尿もれ)頻尿に対してお薬の処方や生活指導を行っています。

不妊相談

結婚後なかなか子宝に恵まれないカップルに対し、不妊原因を探る各種検査及び排卵誘発剤、漢方薬を用いた治療及び人工授精(AIH)を行っています。

避妊相談

低用量ピル、緊急避妊ピルも処方及びカウンセリングをはじめ子宮内避妊具(IUD)も取り扱っています。

西宮市夜間一次救急

開院以来、毎週月曜日、西宮市における産婦人科関連の夜間(18:00〜8:00)一次救急当番を行っています。受診の際はまずお電話でご相談ください。

診療科目

産科・婦人科

妊婦検診、分娩、産科手術、一般婦人科検診、不妊治療、更年期相談

診療時間表

AM9:00~12:00 -
PM5:00~7:00 - - -

休診:木曜午後/土曜午後/日曜/祝日

診療科目

No.01

No.02

No.03

No.04

No.05

No.06

No.07

No.08

No.09

No.10